学校と家庭が子供を守る

アイデア次第で活用自由

「エマージェンシーコール 学校連絡網」は緊急時の連絡に適していることはもちろんですが、その用途は緊急時の連絡だけとは限りません。
むしろ普段の中にこそ、多くの活用機会があります。普段から学校と家庭の間で緊密な連絡がとられることにより、緊急時にもよりスムーズに機能する連絡体制が確立されます。
一例として、たとえば以下のような活用方法があります。

  • 注意喚起の連絡
  • 学校行事の開催(中止)連絡
  • 帰宅時間などの変更連絡
  • 部活動・委員会の連絡
  • 生徒の引き取り訓練
  • 情報収集の呼びかけ
  • 教職員の緊急招集