学校と家庭が子供を守る

子どもを守る

子どもたちを襲う犯罪が報じられるたびに、こうした犯罪が繰り返されないようにするために何をしたらよいのか、おとなたちは深刻な反省をせまられます。
子どもたちを犯罪から守るために、各地の学校や地域で真剣な取り組みが行われています。
子どもの安全のために、家庭・学校・地域・行政・各種保安機関などが情報を共有しながら密接に協力し、子どもたちを見守るネットワークを作っていくことが不可欠でしょう。
ITは子どもたちを守ってくれる万能薬ではありませんが、子どもたちを見守るネットワークをサポートする手段として非常に有効です。
「エマージェンシーコール 学校連絡網」は、電話、携帯電話、携帯メール、インターネットメール、FAXを活用し、学校と家庭の連絡ネットワークを的確・迅速にサポートします。

学校、地域、行政・保安機関・家庭の連携で子供を守るイメージ

エマージェンシーコール 学校連絡網は子どもの安全を守るネットワークをサポートします